複合機

コピー機などを購入する

ビジネスを進めていくうえで、重要な機器になっている複合機ですが、中古で購入して利用することも増えてきています。利用期間が短く、印刷枚数も少ないのであれば、中古のほうがコスト面でメリットが出てきますので、一度比較してみると良いです。

高精細な立体物を再現

3Dプロッタ

製造・医療分野で活躍中

一般家庭でも手軽に利用できる低価格機が登場したことから、3dプリンターが新しもの好きの人たちの間で話題を集めています。いかにも最近になって開発された製品のように思われがちですが、業務用3dプリンターの歴史は意外に古く1980年代にまで遡るものです。三次元印刷を実現させるためにさまざまな方式が開発されてきましたが、印刷を一層ずつ立体的に積み重ねていくという基本原理は共通しています。個人向けに普及した低価格機の3dプリンターでは、高温で溶かした樹脂を積み重ねる熱溶解積層法が多く採用されています。樹脂を溶解させるのにレーザービームを使用する機種が大半ですが、この方式の弱点は作られた立体物の強度が低い点です。業務用の3dプリンターでは光造形法や粉末焼結積層造形法が多く利用されており、低価格機と比べて強度に優れた立体物を作ることができます。光造形法では液体樹脂に紫外線を照射させて硬化する技術が使われ、機械部品やシリコン基板・ガラス基板などの製造にも適します。粉末焼結積層造形法は粉末状の素材を高出力レーザー等で焼き固める方式のため、鋼やニッケル・チタンなど金属材料でも使用できる点が特徴です。このような業務用3dプリンターを製造業で導入すれば、設計に応じて形状の変更が欠かせない試作品の製作にもその都度柔軟に対応できます。3dプリンターなら金型を使って製造するよりも高精細な立体物が再現できる上に、中空構造など複雑な形状でも容易に製作できるというメリットも得られるものです。業務用3dプリンターは製造分野だけでなく、歯科や整形外科などの医療分野でも導入が進んでいます。インプラントばかりでなく臓器や骨のモデリングから再生医療に至るまで、3dプリンターには無限の可能性が秘められています。建築や航空機・宇宙開発といった分野にまで応用できるほどに、業務用3dプリンターは近年の技術向上が著しいのです。

インク

環境に対する取り組み

環境への配慮は企業にとって重要になっています。リコーのトナーを使用すると印刷による環境負荷を低減させられるでしょう。環境貢献トナーを利用して保守契約を結べば世の中に貢献を示しやすくなります。また、リサイクルトナーを使用するのも価値のある取り組みです。

プリンター

名刺やカードの印刷に

カードプリンタ導入の値段は10万円から50万円程度します。ですが、非常にメリットも大きいです。名刺が大量に必要な会社やプラスチックカード、IDカードが必要な会社・店舗には高いメリットがあります。是非導入を考えてはいかがでしょうか。